☕くつろぎながらお読みください♪☕

ぽっすんのもぐてく日記

東京のグルメ・コーヒー・小ネタをご紹介♪

元魚屋の息子がたった2ヶ月で0から作り上げたパン屋さん!?

 

いつもご愛読ありがとうございます♪

ぽっすんです\(^o^)/

 

 

先日、

ある街の商店街で、

一見パン屋とは思えないオシャレな外装の

パン屋さんを見つけました(*^▽^*)♪

 

f:id:possposs:20200219215121j:image

 

「イグレクテ」という店名や、

高級感ある外装から、

最初はイタリアンのお店かと思いきや、

「パン」という手書き感満載の看板で

かろうじてパン屋だと気づけました♪

 

 

一風変わったパン屋さん。

どんなパン屋さんなのか気になって

グーグル先生に聞いてみたところ、

このお店の生い立ちが書かれた

記事を見つけました∑(゚Д゚)

 

こだわり職人(イグレクテ 武村幸寿さん)

 

ここの店主の武村幸寿さん

元は魚屋さんだったそうですが、

自分で何かを作り上げたい!という思いから、

パン作りの経験0にもかかわらず、

パンの修行を始めてから

たった2ヶ月

パン屋をオープンしたそうです!!!

Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

 

魚屋を辞め、

動き出した当初から、

1年以内にお店を開くと決めていたらしく、

本来何年間も修行するのが当たり前の

パン業界の方からは特に、

大反対され続けていたんだとか( ̄▽ ̄;)

 

 

この話を見て、

友人の向山雄治さんの話を

思い出しました(*^▽^*)

 

開発の仕事をしていたところから、

わずか1年半で脱サラし、

今や雑貨屋さんや飲食店などを

経営する敏腕オーナーになられているのですが、

 

独立すると決めた当初は、

家族や友人に反対され続けたそうで、

月収100万以上稼ぐようになってから

周りの対応が変わったと話していました♪

 

 

武村さんも、

周りには無理と言われ、

実際に修行し始めた時も

決して順風満帆とはいえなかったそうですが、

 

2001年10月にオープンし、

20年近く愛されているイグレクテのパンは、

年々進化を遂げており、

今や大人気店となっていますo(^-^)o

 

 

f:id:possposs:20200220014535j:image

↑スルド 130円

 

これは一番人気の「スルド」というパン♪

 

武村さんが元々趣味で、

サンバ音楽で太鼓を叩いており、

太鼓という意味のスルドを

パンの名前にしたそうです☆彡

 

富士山の溶岩釜で焼いた、

ほんのりハチミツの甘さがきいた

もっちりとした食事パンで、

ずっと食べていたくなる安心感と

おいしさがたまりません(((o(*゚▽゚*)o)))

 

 

武村さんが魚屋の頃から

大事にされていたことが、

「口に入るもの」を扱うということ。

 

向山さんも、

どんな仕事の先にも必ず相手がいることを

大事にしているとお話されていました。

 

 

短期間ですごい結果を作っている人は、

ここだけは譲れない!!!

というポイントを

とても大事にされているんだと

気づきましたo(^▽^)o♪

 

私も最近転職したばかりですが、

どんな仕事でも関わる人を大事にすることを

肝に銘じてがんばろうとおもいます\(^o^)/

 

 

板橋いくならイグレクテ♪

ぽっすん